2005年03月07日

キング・アーサー

5世紀前半頃、ブリテン島は南から“ハドリアヌスの城壁”までをローマ帝国、それより北をウォードとよばれるローマからの独立を求める人々が支配していた。ローマ帝国は城壁から南を守らせるため、支配していたサルマートの子供に15年間守備兵としての任務を課した。
若き指揮官のもとに集まったサルマートの騎士たちは、兵役を終える15年後には6人になっていた。ランスロット・ボース・ダゴネット・トリスタン・ガウェイン・ガラハット。彼らは、兵役を終えたことを証明し、サルマートへの帰途に通らねばならないローマ帝国内での安全を保障する証書を携えてくる司教を待っていた。しかし司教は彼らに「最後の奉仕」として、城壁より北に住むローマ人家族を助け出すように命じる。城壁より北はウォードの領地であり、更に北からはサクソン族がブリテン島へと進軍していた。
アーサー王伝説を基に描かれた新しい物語。
===============================================

公式サイト http://www.movies.co.jp/kingarthur/

感想
posted by inui at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。