2005年03月21日

インファナル・アフェアII

前作よりも10年前の1991年、香港黒社会はンガイ家のクワンに支配されていた。しかしクワンは暗殺される。暗殺したのはラウ。サムの妻・マリーに叶わぬ恋をし、彼女に夫の為にと頼まれたのだった。そしてその後、ラウは警察学校へ潜入として送り込まれる。
一方、警察学校にいたヤンは、クワンの私生児だと発覚し退学処分になっていた。しかし組織犯罪課のウォンによって潜入捜査官として、ンガイ家の異母兄ハウが仕切りなおした組織へ送り込まれる。
===============================================

公式サイト http://www.infernal.jp/index_top.shtml

前作同様、緊迫感と“突然”の演出に驚かされました。名優揃いで新しく登場するクワンの次男ハウ(フランシス・ン)は紳士的で冷静ながらも父の復讐に燃える男。
10年後と対比してそれぞれの性格が変化しているのが面白い。サムは今作では優しく弁えのある男。ウォンは手段を選ばないところのある男。ラウは10年後の冷静なところはなく感情的な若者。ヤンはマフィアに潜入しながらも善人でありたい、自分は警官だと思っていて、10年後のちょっと投げやりな感じではない。
当然前作との関連も多く、ヤンとキョンの出会い、別れてしまった彼女、サムとタイ人、ラウの恋人、などなど納得したり驚いたり。よく作り込まれた脚本だなぁと思います。
posted by inui at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(中国・香港) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。